やっぱり私はワキガだったんです

自分がわきがだと分かり、目の前が真っ暗になってしまいました

同僚から指摘されてもしかしたら自分はわきがかも知れない…でも自分でわきがかどうかなんて分からないものです。

 

だからと言ってそのまま悩んでいても仕方がありませんから、思い聞いて小学生の時から一緒の親友に聞いてみることにしたのです。

 

親友からしたら「あなた、わきがだよ!」なんて素直に指摘するのは気が進まない事だとは思います。でもこれからの私の人生を考えるとどうしても早めに解決しておきたいものですから、無理を言ってお願いする事にしたのです。

 

聞く前には本当にドキドキしてしまいました。心臓が破裂してしまうくらいに緊張したのはこの時が初めてかも知れません。

 

でもここで尻込みをしていても仕方がないのです。勇気を出して一歩前進しない事にはこの先の人生は真っ暗なのです。そう決意して親友に訪ねてみました。

 

その答えは

 

「言いづらい事だけど由華ちゃん、わきがだよ」

 

この言葉を耳にした時はショックと言うよりはスッキリした感じでした。

 

同僚に指摘されてからは自分がわきがなのかどうか分からないまま悩んでいましたから、こうしてはっきりと言ってもらう事で少し肩の荷が下りたのかも知れません。

 

自分がわきがだと分かったのであれば後はやる事はひとつです!

 

具体的にどうやったらわきがを治すことが出来るのかを真剣に考え始めたのです。

 

それは私が思っている以上に簡単なものでした。

 

今、思うとこの親友には非常に感謝しています。彼女が正直に教えてくれなければ私は今ごろまだわきがのままでいたはずですから・・・