わきがで死を考えてしまったのです

恥ずかしい話なのですが死を考えてしまいました

自分がわきがである事に気がついて人生に絶望してしまった時期がある事は既にお話ししました。
自分なりのわきが改善策を何もしなかった私はわきがである事にただ絶望を覚えるだけで、毎日自殺することばかりを考えてしまっていたのです。
だって恋愛も出来ないし、みんなから臭い女だと陰口をたたかれて、それでも生きて行く理由がどこにあるのでしょうか?

 

そこまでして生きて行く事に魅力を感じる事なんて出来ません。
男性と交わる事が無い人生なんて考えられないのです…

 

たかがわきがで。。。と思う人もいるかも知れません。そんな人に逆に質問したいのですが強烈なわきがの女を抱く事は出来ますか?
私の気が済むまでクンニする事は出来ますか?

 

多くの人は表面的には大丈夫!と言うかも知れません。
でも気持ちと体の問題は全く別の話なのです。いくら気持ちが私を求めてくれていたとしても、わきがに体が拒否反応を起こすのは間違いないのです。
臭いマンコの匂いを嗅いで、臭いマンコを舐めてそれでも勃起しますか?

 

口だけではなんとでも言えるのです。でも実際に実行する事が出来るひとなんてどこにもいません。

 

こんなにわきがで苦しむのであれば自殺してしまおう…

デリヘルの面接でも断られてしまって…

一時期わきが手術を受けることを考えていましたので、バイトをしてお金を貯めようと思いました。
本業が終わってから出来るバイトと言えば夜の仕事がメインだと思いますから、デリヘルの面接に行ってみたのです。
給料も良いですし、地元からちょっと離れたところで働けば絶対にバレることはないだろうと。

 

本当に緊張したのですがこれもわきがを治すためだ!と自分に言い聞かせて勇気を振り絞ったんです。

 

しかし面接室に入った瞬間に面接してくれる人の顔色が変わるのがすぐに分かってしまいました。
明らかに臭そうな顔をしていたんです。
まさかデリヘルごときの仕事でこんな顔をされてしまうなんて…
チンポしゃぶるだけでお金になると思ったのですが、現実はそこまで甘くは無かったみたいです。
ここでもわきがが私の人生を邪魔をしてしまうのです。

 

最終的には「良くそんなわきが臭で面接に来れたね?風俗なめんなよ」
とすごまれ追い返されてしまったのです。

 

もう涙も枯れていました。

自殺の名所巡り

それからは私の趣味は自殺の名所巡りです。
色んなところを回ったのですが華厳の滝が一番良かったですね。
落差が100m近くありますから、わきがの私でも確実に自殺出来るのではないかと…

 

しかし私が訪れた際には沢山の家族連れがいましのたで、その人達の眼の目で自殺することなんて出来なかったのです。
しかもわきがが原因で自殺した事が判明したら家族はどう思うのだろうか・・・

 

そう考える度に自殺を思いとどまる日々が続いたのでした。

 

今ではすっかりわきがは治っていますので、あの時に自殺を選ばずに生きるを選択した事を後悔していません。