わきがで受けたイジメの内容

職場で受けたイジメの数々

私がわきがであると言う事だけで受けて来たイジメの内容を書いてみたいと思います。
本当は思い出すだけでも嫌なのですが私が話すことで同じ様にわきがでいじめにあっている人が楽な気持ちになってくれれば、共感してもらえればと思います。
そして現在、誰かをいじめている人にも読んでもらって心入れ変えてもらえればと思います。

デスクの上にファブリーズが

いつもの通り会社に出社すると私のデスクの上にファブリーズがおかれていたのです。
最初は何の事か分からなかったのですが、周りからひそひそ声が聞こえて来たのです。

 

「あんなわきがで良く会社に来れるな」

 

「くせえからファブリーズでもかぶっていろよ」

 

「いっその事飲めばいいんじゃね?」

 

などと私の心を傷つける言葉が次々と。もしかしたら私に聞こえるように言っていたのかも知れません。

 

泣きたくなりました。
そのままトイレにファブリーズを持って行って何度も何度も体に振りかけたのですが、それだけでわきがが治る訳もありません。
これから私はどうすれば良いのだろうか・・・このまま会社を辞めた方が良いのだろうか…真剣に悩んでいた時期もあったのです。

私が触った書類を…

会社ではおもに事務関係の仕事をしています。
上司に私が作った書類を私際に手で受け取らないでゴム手袋して受け取るのです。
しかも明らかに臭そうな顔をして…

 

これには本当に殺意が湧いてきました。
いくら私が重度のわきがだと言っても菌が映るわけではないのですから、そこまであからさまにすることはないと思います。
いい歳をした大人がやる事ではないと思いますが、もしも私がわきがではなくてわきがの人を相手にしたら同じ様な態度をとってしまうかも知れません。
それくらい私は臭いのです。

 

自分でも分かっています。
もしも皆さんの周りでわきがの人がいたら出来るだけ優しく接してあげてください。

わきがだとセックス出来ない

こんな私でも会社の同僚から誘われた事があります。
その人はかなりのイケメン(タマテツみたいな顔です。)で会社の中でも非常に人気のある人だったんです。

 

「私、わきがだけどいいの?」

 

自分に自信がない私は彼に聞きました。

 

「ああ、俺慢性的な鼻づまりで匂いが分からないから大丈夫!」

 

と言ってくれたのです。鼻づまりの人ならわきがの匂いで嫌われることもないでしょうし、いじめを受けている私をかばってくれるのではないかと期待していたのです。

 

お付き合いしてから一カ月経過して念願のベッドイン。彼の家でセックスをする事になったのです。
濃厚なキスをしてからオッパイを舐める彼…

 

しかしその瞬間に彼の顔色が変わったのです。明らかに苦そうな顔をしている事に気がついてしまいました。
そうです、わきがは匂いだけではなくて体中から味がしてしまうのです。私のオッパイを舐めた彼はその味が我慢できなかったのでしょう。

 

「ごめん、やっぱりわきがの女とは付き合えない」

 

とフニャフニャのチンチンのままで言われてしまいました。

 

わきがのままではセックスする事もままならないのです。

わきがに人権はない

事務員だけの会社の会議に出席した時の話です。
事前に通知された議題に関して意見を出し合うと言う形式で会議は行われました。

 

私の発言の番になりました。
仕事を出来るだけスムーズに勧められる様にと色々と案を練って来ました。自分なりに良く頑張ったのではないかと思います。
例えばわきがでも仕事に関してだけは絶対に妥協したくありませんから!

 

ところが私の順番を飛ばされてしまったのです。
まるで「わきがに人権はない!」と言われるような感じすらしてしまったのです。
ここまであからさまなイジメを受けるともう笑いたくなるくらいですね。

 

大の大人が揃いも揃ってわきが女をいじめるのですから滑稽としか言えないでしょう。

 

もう何も言えません。

 

わきがでいじめられ続けるのが私の人生だと思って諦める以外に方法はないのかも知れないと覚悟したのでした。